イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

本日のゲーム

クラッシュローラー
1981年にアルファ電子より発売されたアーケードゲーム
マイキャラは「刷毛」。
これで塗りつぶされていない道路を塗りつぶしていくパックマンぽいゲーム。
全部塗りつぶせばステージクリア

参考URL↓
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/3281/crash.htm

ルールは非常に単純だが、交差点の過度のほんのちょっとした塗り残しやお邪魔キャラの動物の足跡、立体交差の見えない部分についてもきちんと色を塗っていなければならないためクリア!と思ってもクリアできず、画面を凝視するハメに。
画面が蛍光色で明るく、やられたときにもねこ踏んじゃったなんかの軽快な曲が流れるので当時の暗いゲーセンのジュニア筐体の中では異色を放っていたゲームでした。

とうじ、これはどこのゲーセンにもありましたが小学生の俺には少々難しかったのでターピンばっかりやってこっちはあまりやらなかったっす。
ただ、クリアしてくと刷毛の色が変わる様が楽しくていつもうまい人の後ろで見てました。