イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」

復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。旧タイトル「夢はネジコンをねじ切ること」「部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎」 現在毎日更新チャレンジ中。

見てきた

自分の記憶を昔までたどると多分最古の記憶は家の向かいにあったグラウンドで家族と一緒にやった野球とそのときの夕日の記憶だ。
そのあと古い記憶は王貞治の765号ホームランと神宮球場で見たヤクルト-巨人戦でみたシピンのもじゃもじゃ頭と初めて保育園に連れてかれて泣いた記憶と手首を怪我してものすごい量の血が出た記憶とテンポイントの骨折と梅酒の梅を食いすぎて酔っ払った挙句二日酔いになった記憶とピンクの勝負服の小島太サクラショウリが勝ったダービーの記憶だ。
結構たくさんあるが。


そんなわけで、日本シリーズを見てきた。やっぱ野球は燃える。
ノーアウト1塁、井上の代打で川相が出てきて送りバントを決めたとき札幌ドーム中が拍手した。敵味方関係なく。たまらなく燃えた。
これぞ野球。これぞ野球ファン。これぞ野球観戦。
俺は世界で1番多く送りバントを決めた男と2番目多く送りバントを決めた男を同じ日に札幌の日本シリーズで見たわけである。しかも世界で一番多く決めた男の現役最後の送りバントも見わけだ。野球人生の最後までとてつもなく正確なバントを。
今日俺の中でドームに行って一番良かったと思ったことだった。ごめんなさいね、新庄とか優勝とか言わないひねくれもので。
でもこの話題とドリンクバーだけで3時間は語れる。出来ればポテトも欲しいけど。
あと、近鉄がなくなるときに梨田監督が言った
「みんな胸を張ってプレーしろ。お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ」
でも多分2時間くらい行ける。