イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

家にあった格安パソコンについて

土日ぐったりしてたので、家に引きこもってちょっと前に買ったP4・1.6GのNECのバリュースターをいじる。(値段は10K) まず3回に一回くらいうまく起動できずに無反応状態になるので、モデムとLANカード、増設メモリを全部はずしてテスト→安定起動。 パーツを一個ずつつけながらテスト→モデムカードをつけると不安定化。モデムかよ。 アナログ時代の最後の抵抗か。 つぎにHDDを80Gから250Gへ換装→起動せず。 メーカー品なので増設のHDDを入れるスペースがなく、しょうがなく80Gへ戻して外へケーブルと電源引き出、250Gをセカンダリとして取り付け→動作可能。 845のチップセットのクセになぜ素直に動かんのかわけがわからないが、とりあえずは安定動作可能。 あとは1280*1024の32ビットカラーで動くようにPCIバスのビデオカードを探してくれば理想に近い環境かと。 G550のPCIのとかオクで探してみるかとか思っております。 まあ、PCが動くようになったからといって何するってわけじゃないですけど。 社会人の常識として動かないPCとかあると直したくなるじゃないですか。 学生のときにテスト前に無性に部屋を片付けたくなるのと同じ。