イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

後志方面ツアーについて

いつものメンバーで赤井川漬物屋ツアー。冬休みになる前に一度行きたいなと。
AM10時出発。AM11:55に赤井川着。
村民定食をおいしくいただく。今回はコーンのピクルスがおいしすぎ。早速隣の売店で購入。
そのまま余市へぶどう箱買いへ向かう。
見たこと無いぶどうとキャンベルを箱買い。大量に入って二つで1100円。安い。
sbanさんとpayさんはりんご購入。
なんだか道が大渋滞してると思ったら「味覚の祭典」とかいうフェスティバルを開催中。
飯を食ったばかりなのでカップから揚げを購入。揚げたてウマー。
なんかあげる前の肉をぼとぼと下に落としたのを食品会社の人が「大丈夫だべや」といって普通にあげていたのを見逃さなかったが、そんな細かいことを気にしてはいけない。気にしたら負けだ。少なくとも俺のやつは落としていなかったような気がする。

で、小樽の手宮で「小樽市総合博物館」を見学。
もともと交通博物館なので車両ありまくり。ED76の内部見学やキハ82の1号車などを萌えつつ見学。82系はいつ見ても最高すぎる。
その後園内を走る蒸気機関車に乗ったりターンテーブルで回頭する様や扇状庫に格納される様を外人の鉄様と一緒に見学したりなぜかあったマツダの水素ロータリー車やルマン優勝車のマツダ787B(の同型車の塗装変更じゃないかとおもう)を見学しまくったり。
787Bがなぜ小樽にあるのかさっぱりわからんが、客の誰一人注目されない奥の方にこっそりおかれているのに驚愕。コム博以来10年以上たって再会したがあまりにかっこよすぎる。もっと宣伝してもいいのでは。

で、いつものオスパで風呂に入り、いつもの三川屋で鮭バターと鳥のから揚げをたべて帰る。

非常に満足。

帰り際、線路のそばを通ってると特急ライラック岩見沢方面に回送されていった。
今日で特急ライラックは歴史に幕を閉じるわけで、明日からはスーパーカムイが走る。

最後に見れたのはちょっとうれしかった。
俺が鉄道を意識しだしたときはL特急いしかりだったが、それがライラックに変わり今まで続いていた。お疲れ様でした。

まあ旭川に電車で行く用事なんかないので一度も乗ったこと無いわけだが。


キハ82