イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

大げさに書けばいいってもんじゃないについて

sp3で阿鼻叫喚な今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 パソコン動かないのが一番のセキュリティというMSのありがたいお告げです。 いつも自分のPCの横にgoogleツールバーのニュースが出てるわけですが、それを眺めてたらこんなニュースが乗ってた。 あえて、ITを捨てて本を片手に街を歩いてみた。 http://japan.cnet.com/blog/general/2008/05/10/entry_27001304/ ニュースかどうか微妙だが、CNETなんで、とりあえずPC系の話題。 かと思ったら、なんだか・・・。 -以下引用- ケータイを持たず、iPodを持たず、PCを持たず、ショルダーバッグに「孫の二乗の法則」と「通信と放送の融合のこれから」の2冊だけを持ち、ちょっと出歩いてみた。ただし、どうしてもPASMOICキャッシュカードだけはおいて行けなかったので、それだけ持つ事に。 小田急からJRに乗り継ぎ、適当に降りて、カフェに入りランチをしながら、本を読む。持って行った本はどちらもIT絡み。ちょっとだけ皮肉ってみた。とりあえず、読みかけの「孫の二乗の法則」だけ読み終えて、もう片方の本は別の場所で読む事に。 都内某所をうろついていると、耳かきを膝枕でしてくれるサービスを発見する。 3年程前からWebを見て知っていたサービスを発見し、思わず突貫。店の中は、完全な和テイストで、IT等皆無の世界観。畳の上で、膝枕とはなんとも贅沢な気分(笑) それはさて置き、ここで、耳かきをしてくれている人との会話がで結局ネットの話、アキバの文化の話に発展してしまい、やっぱり切っても切りはなせないのねと思ってしまう。彼女もブロガーであり、世の中変な事沢山ある事に共感していた。また、アキバのヲタク文化についても、キモイの一言で解決していた。 さて、切り離してみると、翌々切り離されていない事に気がつく。結局、自分が所有するITガジェットから解放されたとしても、世のインフラがフルIT対応となっているから、そこはどうしようも無い。確かに便利になったが、マンツーマンインターフェースが希薄すぎると感じる。だからよけいに”膝枕”のようなサービスが、癒し空間を演出するソリューション等になってしまうのでは無いかと思う。 -以上部分引用- 最初に、ネタがないので無理やり一本書いたのはわかる。 が、しかし。 前も書きましたが、自分はおしゃれ軍と対極にいるんですよ。 なのでこういった「ほかの人と違う俺ってちょっとかっこいい」的文章を見ると猛烈に突っ込みたいんですよ。 要は携帯とパソコンとipod家においてきて、適当に列車乗って昼飯食ってメイドに膝枕されながら耳掻きされました。ITって無機質だから膝枕されるといいよね。 ってことらしいです。ただの膝枕フェチじゃん。 だいたい気動車にも乗らずに何がランチだ。そんなことで鉄道に乗れるか。 PCはともかく、携帯とipodがどこら辺がITかなと。 電話とウォークマンだし。要するに。 携帯とIpodの人と、広域通信用無線システム「ジェイスマー」とポータブルDATを持ち歩いている人の違いは何よと。 本読みながらランチなんて天津軒でラーメン食うおっさんはみんなやってるし。 あと、メイドに膝枕してもらって耳掻きしてもらいながらアキバ系オタキモイとか言うのはどの口かと。 ほかの奴らってバカだよねーとか言いながらライトなオタ行為やって悦に入る行為が、なんだか一番ダメオタじゃとか言いたくなるのではないかと思いました。 医師免許もないような人に耳穴という自分の急所をさらけ出す行為をすること自体理解に苦しむ。 数センチ先が鼓膜だぞ。万が一相手が仕事人だったら確実に死だぞ。死。 スペズナズとかメイドに化けるのうまそうだし。 あとマーダーライセンス牙なら確実にメイドに化ける。もちろん全裸で。 という、いささか屁理屈みたいな突込みをしましたが、別段仕事に支障ないならもって歩かなくていいITなら、もって歩かなきゃいいのにとか。 世の中そんなあくせくしたって、みんなそんなにたいした必要とされてないんだから。 仕事については、自分の代わりなんていくらでもいるんだからのんびりやればいいのになぁとか思いました。