イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」

そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎。現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

ブエブエについて

そういえばF1のフェラーリの新車も発表されたようで。
フェラーリ F60
http://f1-gate.com/ferrari/f60.html

F60ですか。
F1史上最も醜悪になるといわれたんですが、案外普通にかっこいいんですが。
というか、去年のマシンの変な曲線だらけでおまけウィングがたくさんついたマシンのほうが俺は好きではないんですけどね。
スリックタイヤだし、こっちのほうがぜんぜんよく見えるわけで。


で、そんなまったく自由に参戦できる雰囲気がなくなって割と微妙なF1よりも、かつては年始の風物詩だったパリダカですよ。パリダカ
以前はパリからダカールを目指していた長距離のオフロードレース。
パジェロランドクルーザーのようないかにもオフロードといった車が活躍するレースで、いまだに日本でラリーというとWRCよりもこちらを思い浮かべる人が多かったりするわけです。
昨年、あまりの情勢悪化のため初めて中止の憂き目に会いひどい目にあった大会ですが今年は南米のブエノスアイレスブエノスアイレスの周回ルートになったようで。
毎年毎年楽しみにしてたんですが、モータースポーツ中継を突如やめるので有名なTV朝日が数年前にTV中継をやめてくれやがったおかげで地上波ではまったく目に触れる機会がなくなりなんだかなあと思ってたんですが、今年はオフィシャルがYou Tubeで映像流してくれてるわけですよ。
フランス語やらスペイン語やら英語やらの番組なんですがなんとなく雰囲気はわかるわけで。

で、その映像を見たところ、今年のマシンが異常にかっこいい。
というか、おかしい。
マシンはワイドで出来るだけ平たく重心を下げる方向に。でも車高は目一杯取るというこのアンバランス。
さすが「砂漠のCカー」。
一昔前はいろいろ規制が入って市販車改造+αくらいだったのがウソのように面白マシン続々ですよ。

一番インパクトあるのがフォルクスワーゲン
いちおうトゥレアグの名前がついているがまったく原形をとどめておらず、もはやなんだかわからない軍用車っぽい平たいフォルム&ワイド。



あとNASCARでおなじみロビー・ゴードンのハマーもわけわからんくてかっけえ。



もちろんBMWX3やミツビシのレーシングランサー、リタイヤしちゃいましたがいすゞに残る数少ないピックアップトラックのD-MAXや異常進化を遂げたレーシングカミオンなんぞも大挙出場。
カマズとタトラとマンの延々と繰り返される因縁のカミオン対決は今年はいったいどのチームに軍配がっ!
そしてホンダエンジンを積んだこんなわけわからん車も出る。



もうすでになんだかわからん。
そんなダカールラリー。とりあえずこの異常な走りの映像を見てぐっと来たら追っかけてみても損はないのでは。 俺備忘録&参考資料としてエントリーリストやコース図、オフィシャル映像なんかを用意しときました。興味をもたれた方は「続きを読む」をどうぞ。

rally dakar 2009 day 1


追記ということでダカールラリー参考資料
あとで俺も見たいので。

オフィシャル公式動画へはこちらから
http://www.paridaka-info.com/2009/DAK/presentation/us/r3_1-news.html

コースはこんなかんじとのこと。
http://racing.volkswagen.co.jp/touareg-dakar/infomation/schedule_course/course.html
山岳と砂漠を横切りチリまで出てまた再度横切って帰ってくるコースの様子。
結構砂漠が多いし、うわさによるとアフリカより砂に埋もれているサボテンが多いのでタイヤに厳しいコースらしい。

そしてエントリーリスト。
http://www.dakar.com/2009/DAK/RIDERS/us/r7_6-partants.html
4輪クラスがカオス。ミツビシのパジェロトヨタランクルが多いけどなぜかわざわざRAV-4で出てるやついるし。
あと485号車のスペイン人なんかトヨタの「イスズ」って車で出てやがる。なんじゃその車。



で、

SUMMARY - Stage 8: Despres on the climb, Sainz at ease
http://jp.youtube.com/watch?v=vPBl0Grl7iE&feature=channel

この映像のフォルクスワーゲンとかハマーとか異常にかっけえ。マニアはぜひ見て欲しいところ。