イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

夢の切符を使って道内の特急を一日ですべて乗れるかについて

なにやら再び情勢がきな臭くなってまいりまして、夢の乗り放題切符「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」が本当に発売されるかどうかどきどきするのですが。

 

www.jrhokkaido.co.jp

 

とりあえずうまく発売されたとして、せっかくだから北海道内走っている特急とか全部乗ってみたいじゃないですか。一日で。

なのであまりない休みを有効活用して「北海道内すべての定期運行されている特急」に一日で乗れるかどうか検証してみました。

当然自分がやりたいためなのできっぷの意義とかには無関係で別段人にお勧めするわけでもないことはご了承を。

スーパー自己満足。

 

で、現状北海道内を運行している定期特急は以下のもの。

 

・宗谷(札幌-稚内

サロベツ旭川-稚内

・オホーツク(札幌-網走)

・大雪(旭川-網走)

・カムイ(札幌-旭川

ライラック(札幌-旭川

・とかち(札幌-帯広)

・おおぞら(札幌-釧路)

すずらん(札幌-室蘭)

・北斗(札幌-函館)

 

www.jrhokkaido.co.jp

 

以上の10種類。

 

とりあえず上記の10種類の特急に一日で一駅でも乗ることができれば勝ち。

乗ることが出来なければ負け。溶岩の海に沈む。

札幌スタート札幌ゴール。

そんなルール。

 

特急の名称的には古くからある往年のつわものぞろいといった印象。古強者。相手にとって不足なし。

サロベツや大雪なんかは昔の急行からの近年復活組だし、ライラックすずらんといったL特急時代を知っているもの、はたまた初代の道内長距離特急であるおおぞらや北斗も生き残っているのが熱い。つぎは特急いしかり復活希望。

 

実際の勝負としては札幌から南に行くものや札幌から道東方面に行く特急は正直言って楽勝。

本数も多いし何せ新札幌に止まる。若干邪道だが札幌と新札幌、もしくは南千歳を往復すればこのあたりはいけるかと予想。

この中で強敵は宗谷。なにせ一日1往復。上り一本下り一本。朝7:30に札幌から稚内に向かうものか、稚内を17:46出発のどちらかに乗るのがマスト。これを中心に組み立てたい。

また、旭川出発のサロベツと大雪、札幌出発ながらもオホーツクも一日2往復。このあたりの列車の攻略がかぎではないかと。

 

時刻表とネットを駆使して導き出した解答は以下次号。