イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

F1イタリアGPの大番狂わせについて

F1のイタリアGP、大荒れでした。

 


2020 Italian Grand Prix: Race Highlights

 

フルコースイエロー、赤旗などのピット戦略をうまく利用したアルファタウリのガスリーが勝利。2位サインツ。3位ノリスという大穴。

超大本命のハミルトンはピットクローズドのシグナルが出てるのにピットインしてペナルティで最後尾。そこから追い上げるも7位という、かなりなインディカーのような展開。

 

ちなみに、(超簡単に)調べたところ海外のブックメーカーでガスリーの単勝車券は135倍とのこと。

単勝万車券炸裂という結果だったようです。そりゃ普通に考えればディープインパクトなみにハミルトンで堅いと思うしな。ディープも有馬で負けたけどな。

 

F1で大荒れといえば個人的には1990年のフランスGP。

 


1990年 F1 総集編より 第7戦 フランスGP

 

結果的に大荒れではなかったですが、中盤のアレ、これはもしや感はたまらんかったです。

これでカペリはフェラーリにいけたわけで。フェラーリでは不幸でしたが。

 

あとは1996年のモナコGP

 


1996年 F1総集編 第6戦 モナコGP パニス・無限HONDA F1初優勝

 

これはもはやわけがわからんかったレース。

あれよあれよでパニスが優勝という。今では信じられないくらいのクラッシュの嵐で死屍累々のレースでした。チェッカー受けたの3台って。

 

たまーーーーーーーーーーーーに大番狂わせがあるのが非常に楽しいF1。

しばらくは「はいはいメルセデスメルセデス」状態が続くとは思いますが、極稀なレアレースが見れたときに無上の喜びを感じられるので、見れるときには見るスタンスを貫いて行きたいと考えております。

 

ちなみにシーズンの終わりのほうに控えている「サクヒールGP」のコースがかなりのトンデモコースっぽいのでなんかおこらねーかとワクワクしております。ワクワクしたときに限って大抵はなにもおこらないのですが。

 

jp.motorsport.com