イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

四八(仮)というゲームの北海道の物語について

不勉強なもので全然知らなかったんですよ。四八(仮)。

 

事の発端は会社でオートレース3DS用のゲームが超絶にアレだという話をしたところ、世の中には凄いゲームがあるという解説を受けまして。

その人がホラーゲーム好きだったんでホラーゲームとして宣伝されていた四八(仮)を購入したそうです。発売日に。

ゲーム内容としては47都道府県の怪異のお話を収集していく的な内容のようです。ミニゲームとかをして。

 

内容はいろいろなところをぐぐっていただければとは思いますが。

自分もヒバゴン編の動画を見て驚愕をいたしました。

なんというか、ソフトの発売に間に合わないとしてもなんかこう、もうちょっと悪あがきしてもとは思いましたが。

 

さて、ゲームがいくらアレであろうともまあいいんですけども。

 

その中の北海道編のはなしが「百段階段」という話のようです。

 

hokkaidomistery.com

 

バリバリの地元ですが聞いたことがないというかうっすらと記憶しているかも程度のものでして。

なんでも藻岩山に上る階段の数が毎回違う的なやつだそうで。自分が聞いたのは藻岩山に地蔵があって地蔵の数が変わる的名話も聞いたような気もしますがいろいろ混じったのかも。

 

詳細は南区在住のクリーニング的な人か元南区在住の痛車の人にでも聞けばわかるかもしれません。

が、南区は南にあるために赤道に近いのでジャングルが広がっており、人が近づけるかどうか。南区の8割はジャングル(森林)だし。南区のハードオフ最近品揃え微妙だし。簾舞とか普通読めないし。

 

まあ階段があるのは中央区(かなり南区より)だけどな。

 

札幌で心霊スポットといえばやはり平和の滝、(旧)小別沢トンネル、米里のあの家、100キロババアあたりでしょうか。近隣なら月形の修道院とか。

四八(仮)は結構昔のゲームなので米里の家も残ってたころだし、小別沢トンネル新しいやつに代わったかどうかくらいだろうし。そのあたりではなく微妙にマイナーな階段の話を選んだのは何でしょうか。発売時期的に我々の世代向けの話多そうなんで、ちょっと取材すれば出てきたかとは思いますが。

 

とはいっても小別沢トンネルは行ってみた感じはただ単に手掘りの古いトンネルって言うだけで特になにも無いとは思いますが。平和の滝は人集まりすぎてなんだか。

あとの場所は知らん。

 

なんかその手の話集めたゲームって都心モノばっかりで北海道のやつってないのでねえ。

うちの祖母の河童の話とか、うちの母親の橋の建設時のやばい話とか、うちの叔父の中島公園の話とか。そういう話のゲームないすかね。うちの親族しかそんな話聞いてないんで無いとは思いますが、ぜひ飯島氏にはそんなゲームを期待いたします。ラストハルマゲドン、略してラスハゲ(パソコン版のときの略称)。

 

そういえば、俺のおもしろ体験としては羽幌のほうに行ったときに炭鉱跡の横を走っている道を(略)