イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」

そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎。現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

毎年恒例だそうですがについて

バイクでの年越し宗谷岬が毎年盛り上がってますが。

先言っとくと個人的には「やるならだれにも頼らずにこっそりやれ」派です。

寒いの嫌だし人に迷惑かけすぎるので自分ではやらないです。

 

今年は稚内市が年越しイベントはやらずに駐車場閉鎖しますよ、だから来ないでねと言ってるのにやっぱり来る人は来る状態。

何だか知らないけどメーカーの看板背負ったディーラーさんまで来るなと言われているのに行く始末でなかなか盛り上がっている様子。

 

 

メーカーサイドはこの状況でいいのだろうか…。

 

確かに最初に元旦宗谷岬を始めた人はすげーとは思いますが、今は禁止のはずの宗谷岬で達成感とともに宴会を開くのが目的だったりとか、「だれだれがやってるの見て面白そう」みたいな自分では考えずに全乗っかりだったりとか。

 

で、去年の宗谷岬行きのこのページ見て思ったんですが

 

young-machine.com

 

 

結果的にバイクガス欠したり、(別の誰かは)JAF呼んだりしてるんですよね。

でもこれ、たまたま助かっただけであって単独走でシェルターとかから離れた場所で止まったら下手したら死ぬパターンやで。

もしかしたら親切な現地住人が助けてくれるかもしれないけど。

ただ走ってるのが日本屈指の過疎地域だから車通るとも限らないし(留萌と宗谷振興局を足しても帯広より人口が少ない)、バイク押したりして汗かくと低体温症はあっという間に起こるので本気で死ぬパターン。

 

めちゃめちゃデンジャラスなことを割ときわどいところで生き残った人がすすめまくるから「俺にもできる」的に広まっちゃってる。こんなんだと今後無茶苦茶危険ではないかと。(上のページも一応かなりの老舗雑誌の記事だがデンジャラスな自覚がまるでないのが)

 

本文中にある「現地住民はみんな親切だった」「車も煽らず抜いてくれた」は親切じゃない人は声なんかかけないで「馬鹿じゃねえの」で無視するし、(他人に干渉しない北海道人の特徴でもありますが)よほど死にかけてない限りは自己責任なので何もしない。

死にかけてたらこんな近所で死なれると迷惑極まりないので助けるくらい。

雪道でいつこけるかわからないバイク煽って自分が犯罪者になる後ろ走るようなリスクは誰も犯したくないので抜くなら一気にぶち抜くしか方法がない。(雪道はセンターラインの付近の雪で車線変更がかなり怖いがしょうがない)

特に自分バイク乗るし真冬に自転車で高校通学してたので、変なわだちの乗り方した時の一気のスリップダウンとか経験あるしそんな後ろ走らされるのは恐怖以外の何物でもない。

本文中にもありますが結局後ろに車列作って流通ドライバーさんにアンチを増やしてるのではないかと。

 

で、最後は「みんな宗谷岬で徹夜で楽しそうに騒いでるから俺もやりたい」とかもはや冒険でも何でもない。宗谷岬はキャンプ場じゃないから今は黙認されてるだけなのにバイカー宴会場にしちゃうと色々やばいのでは。

金氏かどうか知らんけどテントとかみんなやってるしというならメンタルがコミケの徹夜組と変わらん。

冒険したいなら別に1月1日に合わせていく必要もないわけで、結局は「雪道なのにバイクで宗谷岬に行く冒険」なわけでなく、ただの元旦に宗谷岬にバイクに行く俺かっこいいビッグウェーブに乗りたいだけではないかと思わなくはないです。

 

いわゆるコピペのアレ

上から3番目。

 

【コミュニティの一生】

面白い人が面白いことをする

面白いから凡人が集まってくる

住み着いた凡人が居場所を守るために主張し始める

面白い人が見切りをつけて居なくなる

残った凡人が面白くないことをする

面白くないので皆居なくなる

 

 

今後正月にキャンプしたバイクが飲酒事故起こしたり、浮かれてきてしまった人たちが八甲田山モードになって大量死が起きたときに「反対派」の市井の方々が声を上げ始めてこういうのはあっという間になくなる。

なので長く楽しむためには「みんな来いよ」的に煽らずに死なないように責任持てる人が楽しめばいいんじゃねえのと思わなくはないです。

バイクは一人で乗る乗り物だと俺は思ってるので。