イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

松坂投手とか斎藤投手とかの引退について

松坂と斎藤佑樹両投手引退とのことで。

 

 

 

 

 

松坂といえば、当時家にいてNHKBSでたまたまみた松坂デビューの西武-日ハム戦。

日ハム片岡に対する高め剛速球での三振を見て痺れた。当時まだ西武ファンだったので夢を見れたなーと。実際活躍したわけですし。

その後札幌ドームが西武の第2本拠地だった時代の開幕戦で投げたのを見たり(ロッテ開幕大連敗の初戦だった)。

WBCの大活躍とか。

 

メジャーは全然見てないんですが、結構活躍したと思うんですけどね。かけた金の割には活躍しなかったのかもしれませんが。

 

その後の日本復帰以降は御存知の通り。ファン(とは呼びたくないですが)に腕掴まれてぶっ壊されてしまったというなんとも不幸な終わり方が悲しいですが。


最初と最後の試合を生で見られて割と感慨深い。

 

 

齋藤投手はなんと言っても甲子園ですわな。

甲子園の決勝が札幌記念の日でリアルタイムで札幌競馬場のターフビジョンで試合状況速報してレース以上の歓声が上がったり、場内のテレビ放送の前に人垣ができてたり。

プロに入るときには高校時代の球速が戻らないまま終わってしまいましたが。

プロ入り後に試行錯誤のうちに微妙なコントロールがことごとくボールになって、それを巻き返すために球速上げたり色々やってるうちに致命的な関節唇の故障が起こってしまって万事休す。

高校時代の潜在能力の片鱗しか見せないまま引退してしまった印象が。

 

ただ斎藤投手の話をするたびにバカにするような話しかしない人が多すぎて。

野球好きを公言してるので会社で齋藤投手の引退の話を振られっるんですが、怪我の内容や怪我した事自体知らなかったりして。そういう人が野球ファンっぽいふりをして話をしているのがどうにも気に入らないんですよね。プロ野球選手をリスペクトすれや。

関節唇損傷からまともに復帰した投手はほとんどいないといいますし。(記憶がある限りは復帰後まともに活躍したの馬原くらいかなあ)

あの最速を誇った由規だって斉藤和巳だって関節唇損傷に負けたピッチャーですし、そのあたりを勘案しないとなとは思いますが。

どうして会社のおばちゃんとかおっちゃん型がフリーで小馬鹿にできる存在だと思ってるのかが謎。お前ら甲子園の決勝見てんだろと。

自分は能力があって怪我と戦って怪我に負けた投手としてきちんと評価するべきだと思うんですが。

機能のクローズアップ現代+でそのあたりの特集をやったらしいので意識が変わってくれることを祈ります。

 

少なくとも半笑いで「ハンカチ」とか呼ぶ人の話はまともに聴く価値は無いなと思いつつ。

というか、いつの話よ、ハンカチって。記憶アップデートすれや、とか思わなくはないです。

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com