イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

エンジェルグラフィティ購入について

今更(20数年くらい遅れ)ですが、買いました。

PS1のゲーム、エンジェルグラフィティ。

ハードオフで110円。

 

www.jp.playstation.com

 

f:id:mote:20211027235849j:plain

 

f:id:mote:20211027235907j:plain

 

f:id:mote:20211027235925j:plain

 

まつもと泉先生のキャラデザで当時話題になったけど、ゲームがあまりにもあまりだったのでそのまま消え去ってしまったという割と悲運なゲーム。

 

ときメモブームの終盤、初代TLSより前という絶好期の発売なのに弾けなかったのはメディアミックスが弱かったからか、声優陣(手堅い中堅勢というかセーラームーン勢を取り揃えた感じ)に力入れすぎてたのか。

 

当時自分はナムコミュージアムシリーズを毎月買っていてギャルゲーどころではなかったのでスルーした記憶があります。

あと高田明美氏を介さない、(当時の)CGっぽさバリバリのまつもと泉先生のキャラデザがどうも違和感があってうーんとなっていた記憶。

この年代の少し前に出たセサミストリートという漫画(未完)は絵柄も含め好きだったんだけどなあ。

で、お体を悪くしてこのあとほぼ漫画が出なくなるわけでして。

 

あともう一つ。個人的には寺田氏のシナリオがあまり好きではないんですよね。

寺田氏は途中は非常に熱いんですが、どうしても登場人物に余計な未来まで書きたがる部分があるのがどうしても馴染めず。

あの日にかえりたいもそうだし。

オレンジロードもそうだし。

小説の爆裂お嬢シンディ・スーもうそうだし。

どうしてそう余計なことしますかという。

まあ、このゲーム買わなかったこととは関係ないんですけども。

 

自分は当時ただのゲーム野郎だったのでこのあと年末に向けてダライアス外伝やらTLSやらを買い進めていくわけですが、すっかりエンジェルグラフィティのことは忘れておりました。

 

ハードオフ店頭で久しぶりの懐かしいやつに出会ったのでつい。

ただ、PSの電源入れてやるかと言われると。先にときめきメモリアル対戦ぱずるだまをちゃんとクリアしないと。