イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」

そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎。現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

パワステが急に効かなくなったことについて

毎年恒例の月初集計の仕事がありまして。

俺が集計用のマクロ組んだら俺以外誰も仕事を覚えてくれず。

しょうがないので毎月集計の仕事をしております。俺の仕事じゃないのに。誰かやれや。

今月分も深夜に車で会社に集計作業と資料を作って帰ろうとしたら急にとの警告灯が付き重ステ状態に。

ググると重ステになるだけで運転できないわけじゃなかったのでそのまま帰宅。

重ステだったカプチに乗っていたので重ステの挙動は学習済み。

走っていれば重ステでも大して気にならないのはわかっていたので大丈夫でしたが。

 

ネット調べによると寒いとステアリグギアについたセンサーの抵抗値が低す出ぎてパワステコンピューター狂うことがあってそれでエラーが出てパワステが止まることがあるらしい。とのこと。

というか、車種的に定番トラブルとのことで。

だめじゃねえか。

 

-12度だったのがよくねえのか。-12度くらい耐えろ。心頭滅却すれば火もまた涼しだぞ。逆だけど。

 

ステアリングギア交換かパワステコンピュータ交換が必要な場合があるとのことで。

めんどくせー。あと高い。ギア交換なら自分じゃ無理。工場行。

コンピューターならまあ替えれますけども純正の品番が10種類くらいあるし、年々対策品にアップデートかけてたみたいだし、たけえし。

 

朝になってECUリセットしつつパワステコンピュータの配線差しなおしてプラハンで刺激を与えたら警告灯も消えて正常に。

何なんだよという年明けでした。

 

とりあえず自分でできそうなパワ交換用のステコンピュータの中古を探していますが、なんだかなあという。