イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

2008ばんえい記念について

今年も日曜日に帯広で開かれたばんえい記念に行ってきた。
9時過ぎにsbanさんとpayさんを引きつれ札幌出発。
朝マックを食いつつ日勝経由で12時半過ぎに帯広到着。

六花亭サクサクパイ&季節のサクサクタルトを食いつつ競馬場へ。
6Rからやりはじめいきなりの1-3着。sbanさんにゲラゲラ笑われるがきにしない!

で、当たったり外れたりでメインのばんえい記念

http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/DebaTable/DebaTableController.jpf?k_babaCode=3&k_raceNo=10&k_raceDate=2008%2F03%2F23

今まで見たことがないくらい人があふれる帯広競馬場
そのなかで選ばれた優駿10頭がパドックへ。
9番のミサイルテンリュウが猛烈な好馬体でアピール。連覇を狙う1番のトモエパワーは気配を消したような静かな印象。
5番のナリタボブサップと6番シンエイキンカイもいい感じ。ナリタボブサップはいつ見てもロバみたいなカラーリングだが、強いときは猛烈に強い。
「帯広以外では最強の女王、帯広ではただの姉ちゃん」と言われたアンローズも今回が引退レース。前々走で帯広初勝利を上げ、前走でも連勝。最後の走りで花道を飾るか。
7番のスターエンジェルも去年の帯広記念の大穴の時を思い出すような仕上がりで、虎視眈々。
そのほかの条件馬たちも完走を目指してエントリー。ぴかぴかの馬体に精一杯のおめかしをたてがみにつけて誇らしげに出走。

で、自分の予想は近走の不振を考えてトモエパワー消し。ミサイルも例によってへたれるんじゃないかと思って消し。
ボブサップとシンエイキンカイを中心で、アンローズとスーパークリントンを絡めて購入。
sbanさんは俺かはずしたのは来る言う法則でトモエとミサイルを中心で購入。
payさんは好馬体のシンエイキンカイがらみで購入。

結果

http://www.banei-keiba.or.jp/user-data/digest/20080323-10.wmv


こっそりと関係団体にメールして「昔のファンファーレ流してくれ!」とお願いしてたのだけど、レース前に昔のファンファーレ+新しいファンファーレが両方演奏してくれてかなり俺の中では燃える。

で、レース。
トモエ圧勝。1障害の時点では今年はトモエはないなと思った位だったが、2障害のうまさは驚異的だった。
ミサイルが腰を落としながら精一杯の逃げ粘りで2着。
スターエンジェルが見せ場一杯のあわやの3着。

シンエイキンカイは障害で一瞬見せ場を作りながら膝をついて転倒しかけるという悪い癖がまた出てしまい着外。
末がしっかり歩けてただけに非常に惜しかった。
ボブサップはちょっと1000Kgはきつかったか。
最後に10分近くかけてダイニハクリュウがゴールした時、すべての観客と走り終えた騎手たち、見守っていたすべての馬の厩務員の人たちが本当に大きな拍手を送って今年のばんえい記念が終了。勝ちタイム5分35秒8の日本一長いレースが無事終了した。
今年も最高のレースでした。来年もまたこの場で最高のレースが生で見れることを祈ったりしてみたり。

そんなわけで、俺の予想の裏を行ったsbanさんウハウハ。俺がっくり。
ばんえい記念のポスターをお土産に購入し、さっさと敗者は帰ることにする。

帰りに伝説のお店の丸松食堂で豚丼を食べる。初めて行ったが、これはうますぎる。肉とタレのバランスが最高。

で、その後日本一ヨード分が多いとされる晩成温泉に寄って、どう見てもイソジンにしか見えない風呂につかる。
豊富温泉、天塩温泉と毎年春先に変な温泉ツアーを行ってるけど、今年の晩成温泉もおかしな温泉だ。マニアにはお勧め。
そのまま天馬街道経由で帰宅。

お疲れ様でした。


来年こそは当ててやる!!!!!