イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

新得でそばとかを食べたについて

朝8時半出発で新夕張に向けて南郷集合。メンバーは病み上がりsbanさんとs氏とpayさん。 てろてろと274を通って9時45分紅葉山着。 新夕張のキオスクにて腹が減ったpayさんがあんぱん購入。 新夕張10:05発スーパーおおぞらに乗車。自由席に空きがあり、楽勝で座る。 振り子パワーを生かして順調に出発のはずが、前のスーパーおおぞら1号が鹿に激突したためダイヤに乱れが。 鹿にぶつかったのなら仕方がない。 単線なんであちこちの信号所やら信号で止まりまくり。かにといえば毛がにが基本だったがタラバガニをはじめて見たのは何歳くらいかとかいう割と社会情勢には何も関係ない話題をしているうちに二十数分遅れで新得着。 早速駅そばを食う。黒くてうまい。ゆでそばの割にはそばの味がはっきりわかる。そして、太い。まさに田舎そば。音威子府の駅そばと道内の駅そば2大巨頭らしいので食ってみることをお勧めする。 暇なので、駅前のお菓子屋へ。昔ながらのガラって開ける駄菓子入れがあってものすごい量のかりんとうが入っていた。南部せんべいと羊羹を購入。さらに暇なので駅前のスーパーフクハラへ。オーラを放っていたメンチカツを購入。 駅でおもむろに集団でメンチカツやらチキンカツやら大福やらを食って折り返しの12:06発スーパーとかち6号で帰還。 とかちは帯広発なので、自由席は空き気味。まさに自由席。せきを向かい合わせにしてものすごい格好で寝てるおっさんやらお姉ちゃんやら。 そんなわけで、往復180キロの特急ツアー終了。結論としては振り子特急は車体の傾くタイミングとコーナーに入るタイミングがずれるので酔いやすい。 その後、会議の結果小樽に行って昼オスパに入りイタリアンバイキングでフェイントを使いつつできたてのイタリアンを食べ、家具を冷やかして帰る。 皆様お疲れ様です。 なんか普通列車でうまく接続することがわかったのでばんえい記念のとき列車で行くのもあり棚とか思ったですわ。 関係ない写真シリーズ 大阪屋食堂の旧店舗