イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

温泉蒸しについて

日本ではもともと風呂は蒸し風呂だったとのこと。

お湯に張ったお風呂に入るようになったのは割と近年。

なんて話はどうでもいいのですが、温泉蒸しです。

 

温泉の蒸気を使った蒸し風呂ではなく、温泉の蒸気を使って食材を蒸して食べるんやつ。

 

別府とかで作ってるの見て一回やってみたいなぁとか思ってましたが、鹿部の間欠泉のそばに蒸しポイントがあるとのこと情報が。

憧れの蒸気シューシュー出る木枠なやつに地元のご老体がいろんなものを持ち寄って俺が俺がとばかりに蒸すアレ、あの光景が北海道でもあるとのことで俄然やる気になっておりました。

 

 

shikabe-tara.com

www.hakobura.jp

 

どうやら売ってる食材を買わなきゃダメらしい。

使用料とか払うのはまったくの無問題だし、食材の値段が高いのはまあ仕方ないとは思いますが、種類が少ない。少なすぎやしませんか。

しかも食材買っても持ち込みは不可とのこと。

 そうですか・・・。

 

 

いろいろ汚れたりもするとは思うので大変だとは思う。

重々わかるんだが、好きなものを蒸させてくれませんかね。

豚肉もいいんだが鶏肉を蒸してみたいんだ。俺は。

丸鶏の中に野菜を入れて丸ごと蒸したやつを食ってみたいんだよ。鶏肉のうまみがジャガイモとか人参とかにしみたやつ。ちょっと醤油とかたらせば最高だぞ。

あとキャベツも蒸してみたいんだよ。蒸したキャベツにマジックソルトとかかけて食べたらうまいだろ。

たぶんいろいろなことがあっていろいろな絡みもあるんでしょうが、近所の商店とかと提携してある程度好きなものを蒸させてくれはしないだろうか。

豚肉もうまいが蒸すなら鶏だ。

 

そんなわけで鹿部のは思ってたのと少しばかり違ったので別府に行かないとダメかなとか少し思っています。無念。

とりあえずは妥協してトムラウシとか登別に行って温泉の川に卵つけてゆでるか。

 

ちなみに人間が入る蒸し風呂は定山渓なんかで結構あります。あれはあれでサウナとはまた違っててたのしいのでおすすめ。

個人的には玉川温泉で体験した蒸し風呂は強烈だった。