イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

2020有馬記念予想について

今年もなんだかぬるっと終わりそうで。

年末といえば恒例の有馬記念

 

滅多に中央買わない俺もこの日ばかりは一応参戦します。

去年はWINSへ行きましたけど、今年は普通にネット投票でしょうか。

 

予想も何も普通にいったらクロノジェネシスとフィエールマン買っときゃいいんじゃないすか的なやつですけど、なんかそうそういかなそうな気も。

 

keiba.yahoo.co.jp

 

というわけで、一発ありそうといえば「穴は長距離の逃げ馬」のバビットでは無いかと。

前走菊花賞が控えての敗戦。

今回は1枠1番、逃げ馬不在、行くならこの馬しかない状態。

もしかするとキセキの大暴走があるかもしれないが今回は控えるという話だし2頭で競り合ったらそれはそれで面白いし。

メジロパーマーが買ったときの有馬も天皇賞でのクソ逃げについていった馬が懲りて控えたらまんまと逃げ切られたということだったし、キセキの大逃げみた連中がもしかして捕まえそびれたりしてくれたら最高です。

2500mは少し長い気もしなくは無いですが、そこは3歳馬。うまくツボにハマれば的なやつで本線。

 

 

もう一頭も1枠2番のブラストワンピース。

言わずと知れた中山巧者で一昨年の勝ち馬。忘れたときに横山(孫)の手によって一撃があっても不思議では無いのではと思ったり思わなかったりです。

近走があまりにも不振なのが気にはなりますが、穴馬というものはえてしてそんなもの。パドックに要注目。

 

あとは人気になっているのであれですがカレンブーケドール先生です。前行けるし。池添だし。今回の馬場もあいそうだし。

 

オーソリティはあえて消しですが、こういうのが一番怖いといいつつ一番人気所って飛びそうなパターンな気もしますがどんなもんでしょう。アルゼンチン共和国杯組がどこまで強いかというとねえ。

 

この3頭とクロノジェネシスとフィエールマンの馬連&ワイドのボックスと当れば家でも建つくらいの配当がある3連単でも買って遊びたいなと。

3コーナーまでは夢が見られる馬券だと思いますので。

 

普通に考えればクロノジェネシスだと思うんですけどねー。宝塚での圧勝見るとね。この手の馬場がピンポイントで合いすぎてるというか。

でも有馬なんでわからんですけどもさ。

 

有馬の穴予想、たまに当るから面白いんですよね。

 

moteratera.hatenablog.jp