イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

箱根駅伝の選手紹介のフォーマットについて

今年の箱根駅伝、伏兵の創価大の快走で大変盛り上がりました。

自分は往路はNHKのラジオ中継を視聴、復路は日テレのテレビ中継を見ておりました。

 

往路NHKNHK松野アナの落ち着いた実況とおなじみの金哲彦さん&箱根出場暦のある俳優の和田さんの安定の解説陣で磐石の態勢。安心安全。まさに磐石。

www2.nhk.or.jp

車の中で運転中聴いていてもわかりやすく不要に叫ばないので大変聞き取りやすい状態でございました。

 

そして復路はテレビ中継。安定の中継車のアナウンサーがここぞとばかりにどうでもいいことを絶叫するやつです。

www.ntv.co.jp

今年は昨年「さあ!」を連呼して大フィーバーしていた3号車上重アナが比較的落ち着いたものの、2号車の佐藤アナがフィーバー気味。下手したら一人の選手紹介に10回くらい「さあ!」の合いの手を入れる始末。2号車は解説者もいないので叫びたい放題。

端的に言うとうるさい。

画面に映ってるの見たらわかるから落ち着けとどうして誰も言ってあげないのか。

 

何度も繰り返された選手紹介のフォーマットはだいたい以下の感じ。

 

 

**選手は○○県××市出身

○○が好きで将来は○○になりたいという子供だったといいます。

そのときの夢の○○のため駅伝部の門をたたきました。

OOのためにも前を向いて走ります。

見たいな感じの様子。

死ぬほど同じパターンを聴いた。

もうこのフォーマットで箱根駅伝選手紹介メーカー作ろうかと思ったくらい聴いた。

 

ただ第2中継車になるとコレにアレンジを加えるもんだからかけて大変なことになる。

 

さあ!先頭を追いかけます**選手!

**選手は○○県××市出身。

 ○○が好きで将来は○○になりたいという子供だったとお母さんは語っていました。

 そのお母さんは言います今年は雨が降らずに大変だった、家の農作物が育たなかったと言っていました!

さあ!そのお母さんのためにも、家の農作物が育つよう山の神に祈るためにも!

さあ!必死になって前を追います!

ここで前を抜いて!さあ、山ノ神に豊作を祈ることができるんでしょうか!!

さあ!駅伝部の汗が滲んだこの絆の襷が先頭に躍り出るまで!さあ!前まではあと34秒です!!

 

みたいな感じ(内容はフィクションです)で余計な修飾がつき捲り。結局は本当にどうでもいい情報を熱く語るもんだから、一切スポーツの情報が入ってこないというやつ。

もうね、来年こそは本当に落ち着いて欲しい。

 

まあ耐え切れなかったら音消してNHKラジオつけて中継見るからいいっちゃいいんですけども。