イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

ロータリーエンジン参戦可能について

2021年のWECから本格運用されるハイパーカー規定にロータリーエンジンが参戦可能とのこと。

 

japanese.engadget.com

sportscar365.com

 

というのがソース。

 

ロータリーが許可といっても市販車が無いこの世の中だ参戦するチームがあるかどうか微妙ですが、書いとけばそのうち出てくるかもしれないというあれです。

以前は「ディーゼルでルマンとかありえん」という論調だったけど別段出てOKというレギュレーションを見つけて乗り込んできたアウディとか無いことは無いですし。

あとFFはOKというのを見つけて乗り込んできた日産とか。鬼のような失敗はしましたが。

 

上の記事にも書いてありますがロータリーの代名詞のマツダアメリカのマツダデイトナプロト(DPi)でスカイアクティブディーゼルエンジンを載せて参戦中。

マツダのチームは名門のヨーストが運営しているのでそのうち何かやってくれるに違いないと。

ほかにもキャデラックだのホンダだのニッサンだのがガンガン参戦している面白クラスなのでルマンくらいは交流戦やっても面白い気もしますが。

 

で、この手の交流戦のレギュレーションの間隙を縫ってマツダが総合優勝をさらっていくといういつか見たパターン。

 

ハイパーカー規定は目前に迫ってきてたりはしますが、来年再来年のレギュレーション端境期は意外な車があっと言わせたりすることがあるので注目かと。

 

そしてハイパーカーがらサイバーフォーミュラに進化して車がしゃべりだしてマツダの車が参戦して車内ボイスが七緒はるひだったりすると一部好事家は大盛り上がりすると思います。

そんな未来予想図II

 

未来予想図2はMSX版で未来予想図IIはアーケード版。

 

(ちなみにルマン初のディーゼル車は1949年の"Delettrez Diesel"という車とのことです)

www.experiencelemans.com

 

(追記 この外人さんのグループCに関する記載が熱い ぜひ読んでいただきたい)

jalopnik.com

 翻訳版

translate.googleusercontent.com