イーアルカンフーのキックの音「パポー」あたった音「ボッ」 そして部屋とYシャツと私と俺とお前と大五郎

現在毎日更新チャレンジ中。復活した日記と旧来の日記の詰め合わせです。

硬度計(水)について

以前、サウナマニアのどうかしている某氏と「いい水風呂とは何か」というテーマでトムラウシへの移動がてら小一時間討論したわけです。

別段俺はサウナマニアなわけでもないんですが、テレビ番組で「飲める水だから気持ちいい」「地下水のきれいな水で水質がいいから入り心地が違う」等の発言を聞いたのでつい。

 

詳細は以前書いたこんな感じなのですけども。

 

moteratera.hatenablog.jp

 

で、その際調べて分かったのは水温の次に人肌で感知しやすいのは水の硬軟ではないかということで。

 

PHなどは水風呂として入った瞬間の知覚としてはそこまで細かいことはわからないような気がするのですが、硬軟については結構キシキシ感として現れるようで。

なら温泉も含めあまりだれもやってない水の硬軟を調べたらおもしれーかなとか思ったんですが。

 

お手軽そうな調査キットならこれ。

 

www.monotaro.com

 

塩素残留度なんかも調べられる試薬とセットになったもの。

ただガチ試薬だし、水をパックで吸引して反応した色を比較して硬度を調べるというもの。

のんびり風呂入りながらできるレベルではない。

 

それ以外だと 

 

www.monotaro.com

 

これ。

この試薬の数々を持って歩けと。そして消費期限あり。

 

もしくは

 

www.monotaro.com

 

7万。

ネタで買える値段ではない。しかもなんかガチの試薬付き。

そりゃ温泉マニアや水風呂マニアがあれだけいても誰も水の硬度調べないはずだわな。

 

硬度結構関係すると思うんだけどなー。

実証しようがないのがつらいが、実証したところでおそらく「へー」で終わるのもつらい。

 

アマゾンとかアリエクスプレスで売ってるあやしい不純物(TDS)の測定器やphの測定器はやっすいんですが、温泉ならともかく水風呂でそんなん調べてもねえ。おそらく普通の数値出て終わるだけですし。

 

なんか面白い統計や集計方法ないかなとか思いつつ、以下次号。